【前編】沖縄旅行 定番の観光地にいってみた感想! 所要時間は? 混雑は? 注意点は?

お出掛け

どうもshotaです!

前回の記事でも書きましたが、2月に沖縄に2泊3日で旅行へ行ってきました!

今回、定番の観光地ばかりをめぐってみました。

その中でイメージと違う、イメージよりも良いところもありましたので、紹介してみたいと思います。(前回の記事と被る部分も多々ありますが、ご了承ください。)

2泊3日は決して長い期間ではないですが、十二分に楽しめましたので参考までに!


今回の沖縄旅行のプランを紹介!

今回は2泊3日という限られた日数だったということもあり、南部(那覇以南)、やんばる(名護以北)を除く、中部、北部メインで観光しました。

理由としては、南部はもっと短い日数でも可能である。やんばるは行って帰るだけで1日コース。という部分がネックとなりました。  次回の旅行ではぜひ行ってみたいですが。

1日目

ゆいレール 

見どころ:那覇市街の風景を一望できる、渋滞回避

いきなり名所ではないところのご紹介!笑

ゆいレールは沖縄唯一の鉄道になります。

乗車区間は那覇空港からおもろまち駅まで。

レンタカーの手続き待ち、那覇市内の強烈な渋滞を避ける為、Tギャラリア沖縄で受け取りにした為です。

那覇空港駅から乗車の場合、折り返し運転の始発になるので、あまり混雑はしていませんでした。

最初はTHE観光客ばかりといった感じですが、途中からは沖縄県民の方も乗車してきて沖縄に来た!という感じを味わえました!

車内に張ってある広告も沖縄独自のものを多く、景色とともに見ていて飽きません。

※注意点…切符は一般的な昔ながらのタイプのような見た目ですが、改札に通すのではなく、切符表面のQRコードを改札のリーダー(一般の切符投入口のところ)に読ませ、通過します。

Tギャラリア沖縄(レンタカー受け取り) 

おもろまち駅下車すぐのこちらの施設は国内免税店、ハイブランド店の集まったところになります。

しかし、私が訪れた理由は、『レンタカー』の受け取りのため!

なぜ那覇空港近くではないのかというと、空港近くの店舗では大型店であっても待ち時間が強烈だからです。(ハイシーズンでは2時間待ちということも…)

何も考えず空港近くでレンタカーを借りて、長時間待ち、出発しても空港周辺や那覇市街は慢性的に渋滞のため、せっかく早く着いたのに那覇を抜けるのに時間と体力を消耗していてはもったいないと思います!

沖縄旅行でレンタカーを考えている方はぜひこちらをお勧めします!

私の場合は、到着後10分ほどで受け取り、出発できました。(オリックスレンタカー)

海中道路 所要時間30分

お次は海中道路


中部うるま側にある離島4島をつなぐ道路です。

両サイドが海になっている全長5㎞の無料道路です

途中には道の駅ならぬ「海の駅」もあり、ブルーシールアイスや特産品も有りますよ!

所要時間は30分ほどですが、ただ通り過ぎるだけであるならば15分もあれば大丈夫です。

※注意点

  • 曇り、雨の日など青空でない日は正直微妙な感じ…
  • 路肩に車を止めている人も多いので追突に注意。
  • 速度超過、携帯の取り締まりポイント!

果報バンタ・ぬちまーすファクトリー 所要時間30分

こちらは海中道路を渡り宮城島にあるぬちまーすの直売工場と隣接する絶景の岬になります。

工場までの道中には海やサトウキビ畑が広がり、沖縄の原風景を感じることができます。

工場では雪塩「ぬちまーす」製品の直販、塩ソフトなどのスイーツ、軽食も頂けます。

果報は沖縄の方言で「幸せ」を、バンタは「岬」を意味し、その名に恥じることのない絶景です!

一面に広がる大海原、エメラルドグリーンの浜、果てしない青空の組み合わせはまさに息をのむことでしょう。

海中道路に行ったのならぜひ行ってみてください!

※注意点…工場への道はほんとにここ⁉と迷いますが道路わきの看板を確認しながら行ってみてください。

アメリカンビレッジ 所要時間1~3時間

言わずと知れた北谷の名所! 無料の大型駐車場有。

東京ドーム5個分の敷地に映画館、ゲームセンター、バー、レストラン、A&W、ブルーシール、イオンなどなんでもそろう沖縄のフォトジェニックスポットです!

あまりに広いのと、似たような建物が多いので自分がどこにいるのか、わからなくなってしまうほどです。笑

観光客、地元民、米軍兵士等いろいろな人たちが集まり、いつも賑やかな場所です。

夕暮れ時なら隣接するサンセットビーチからの夕日も絶景ですよ!

ざっと見て回るだけなら30分、買い物食事もとなると2時間~3時間は欲しいところです。

※注意点

  • 駐車場によっては閉鎖する時間帯があるので要確認(夜中等遅い時間)
  • 小さな子供さんは目を離さない(一度見失うと見つけるのは至難の業です)
  • 夜間は米軍兵士、やんちゃな人が多いため、日中と比べ治安が悪い。お子様のいる方、若い女性など、気になる方、耐性のない方は気をつけて。


今回はここまで!

二日目以降は次回紹介しますね!

皆様の沖縄観光の参考になれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました