エキスポシティの超まとめ!駐車場にお得に停める方法!混雑は?

どうもshotaです!

今回は大阪吹田の万博記念公園内にある大型複合施設「エキスポシティ」についてお得情報や注意点をまとめていこうと思います。

私自身多ければ月に2回~3回程行くときもありますので、行ったからこそわかる生の情報をお伝えできればと思います!


そもそもエキスポシティって?

エキスポシティは2015年11月にエキスポランド跡地に開業した日本最大級の大型複合施設です。

広大な敷地にららぽーと(全300店舗以上)のほか、映画館、水族館、観覧車、体験型教育施設など8つの大型エンターテイメント施設などがあります。

『遊ぶ、学ぶ、見つける楽しさを1つに』というコンセプトで、小さなお子様から年配の方まで幅広い方々がワクワク、ドキドキと満足できる施設が所狭しと並んでいます。

開業から丸4年が経とうとしている今なお、まったく客足は衰えておらず、国内初出店のお店や、世界初のエンターテイメント施設が新たにオープンするなど、行くたびに新しい出会い、発見があり活気に満ち溢れた場所となっています。


各施設の見どころを紹介!

「ららぽーと EXPOCITY 」で新たな発見を!

エキスポシティで一番大きなエリアとなる大型ショッピング施設が「ららぽーとEXPOCITY」です。

3階建ての八の字構造のフロアになっており、自分がどこにいるのかわからないなんてことも。笑

ここには老若男女問わず楽しめるお店がたくさんありちょっとした買い物から、1日かけて回るウィンドウショッピングまで一日いても飽きない施設です

歩いているだけでもワクワクすること間違いなし!

営業時間

  • ショップ…10:00~21:00
  • フードコート…10:00~21:00
  • レストラン街…11:00~22:00
  •  

混雑時間帯…日中(飲食店は11:00頃~14時頃まで)

NIFREL(ニフレル)で生き物と触れ合おう!

ニフレルは海遊館が運営する「感性に触れる」がコンセプトの大人も子どもも楽しめる新感覚の生き物のミュージアムです。

海遊館や、美ら海のような大迫力の大水槽もなければ、マリンワールドのようなイルカショーもないため、エキスポシティ付属のおまけ程度のものと思っている方もいらっしゃいますが、全然違います!

3階建ての建物には『生き物の特徴』によって分けられたゾーンが7つあり、「いろ」「わざ」「すがた」など生物の特徴を最大限観察できる展示がなされており、まるでアートを見るかのように生き物たちに触れることのできるものになっています。

環境で色が変わる生物、水中から水鉄砲で狩りをする魚、水中が嫌いな魚、太古より形を変えず生きている生物などお子様はもちろん大人でも新たな発見や知的好奇心をくすぐられるまさに「感性に触れる」ミュージアムです。

また、施設内には軽食、カフェのできる場所があり、ワニやホワイトタイガーを見ながら食べることができます。

特に人気なのは「食べる水」。まるで無重力状態のようなこの不思議な水をぜひ一度ご賞味あれ。えお味のほうは食べてからのお楽しみに。

営業時間…10:00~20:00(時期により変更有)

最終入館は1時間前まで

料金

  • 大人(高校生以上)…1,900円
  • 子供(小・中学生)…1,000円
  • 幼児(3歳以上)…600円
  • 三歳以下…無料

混雑時間帯…午前中

日本一の大きい観覧車「レッドホース大阪ホイール」で大迫力の光景を!

こちらは日本で一番大きい観覧車で高さなんと123m

この観覧車のポイントは全ゴンドラが全面シースルー!

まるで大空を気球に乗っているような大迫力の風景を感じることができます!(苦手な方には無料でカーペットの貸し出しあり。)

しかも6人乗りのゆったりしたゴンドラに、冷暖房完備。さらに空気清浄機まで。

1周18分と、暑い日には涼みに、寒い日には温まりにゆったりとした贅沢なひと時を味わえます。

乗って見る景色も抜群ですが、ライトアップされた観覧車自体も非常にド迫力なのでぜひ一度は足をはこんでみては。

営業時間…10:00~23:00(最終22:40分)

料金

  • 当日購入…1,000円/1人
  • ファスト10チケット…1,500円/1人(優先搭乗)
  • 3歳以下…無料
  •  

混雑時間帯…お昼ごろ、夕方

 

小さなお子様には野外遊園地「ANIPO」へ!

こちらはエキスポシティ野外広場に広がる移動式小型野外遊園地です。

メリーゴーランドや射的、ストラックアウト、ボールプールなど小さなお子様が喜ぶアトラクションが所狭しと並んでいます。

天気の良い日は広場で遊ぶ子供のわきでお弁当や移動販売の軽食を食べたり、子供が遊んでる間に次のショッピングの計画を立てたりと思い思いの様子を見ることができます。

お子様がお買い物に飽きて来たら一度こちらも検討してみては?

営業時間…10:00~20:00

料金…アトラクションによる。

混雑時間帯…お昼過ぎ

 

まるでテレビの世界!「VSパーク」で最新アクティビティを!

こちらは2018年4月にポケモンジムの跡地にオープンしたまるでテレビのバラエティ番組に出ているような気分が味わえる最新アクティビティを楽しむことができる体感施設です。

たとえるなら、VS嵐、東京フレンドパークのような感じです。

特に有名なのが入り口すぐの「ニゲキル」。

こちらは現実世界では絶対に競争できない猛獣たちと10m走で勝負することができます。

ライオン、象などいろいろな動物たちと競争してみてください。

料金は2時間制ですべてのアトラクション利用料が含まれています。もちろん追加もできますよ。

営業時間(最終入館19:00)

  • 平日…10:00~21:00
  • 休日…09:00~21:00

料金(2時間)

  • 一般…2,700円
  • 学生(大学・専門・高校・中学)…2,160円
  • 小学生…1,620円
  • 小学生以下…無料(保護者付き添い必要。付き添い有料)

60分延長料金

  • 一般…1,080円
  • 学生…860円
  • 小学生…640円

大迫力の映像体験!「109シネマズ大阪エキスポシティ」

最後にご紹介するのはこちら。

11スクリーンあり様々な映画が上映されているこちらですが

映像「体験」としたのには訳があります。

それはメインスクリーン

  • 世界最新、日本初「IMAX」対応
  • 高さが6階建てビルに相当する18m!
  • 横幅が小学校のプールよりも大きい26m!

という日本最大の超大スクリーンに、ド迫力のサウンド

さらに、「4DX」対応の為、におい・振動・風・水といった特殊効果も加わりまるで映画の中に入り込んだような、まさに「体験」することができるアトラクションのようなものになっています!

料金は通常の映画館より割高ですが、ぜひ1度ここでしか味わえないとびっきりの映像体験を!

※料金、上映時間は公式サイトへ!

混雑を避けてスムーズに食事するには?おすすめの方法を紹介!

エキスポシティは平日、土日を問わず混雑していますが、特に休日のお昼どきは尋常じゃない混雑具合です。

広場前のレストラン街がいっぱいだからとフードコートに行くとそれ以上に混んでいたり…

フードコートでは空席を見つけるのも一苦労です。

すこしでもその苦労を楽にするためにはどうすればいいか。

混雑する時間帯・比較的すいている時間帯

混雑時間帯

  • フードコート…11時頃~14時頃・(17時~19時)
  • レストラン街…11時半頃~14時頃(17時~20時)

比較的すいている時間帯

  • フードコート…10時半~11時・14時~17時
  • レストラン街…11時~11時15分・14時~17時

といったかんじ(私の主観です)

お昼はやはり11時半頃から混雑してくるイメージです。

夜に関しては日曜日は比較的すいていますが、土曜日など次の日が休日の場合は混雑することも多いです。

※特に串カツ、ケンタッキー、寿司などは早い段階で満席になるので注意!

スムーズに食事する方法。おすすめなど

ずばり、上で挙げたすいている時間帯で食べておく。

待ち時間が憂鬱でとにかくすいているところへなんて、せっかくのお出掛けですから好きなものを食べましょう!

ほかにも、レストラン街のお店については満席の場合は「eパーク」で順番待ちが可能なので、食事にすることが決まったらとりあえず気になるところは予約順番待ちしておいて最終早いところに決めて他をキャンセルする手もあります。(もちろん常識の範囲内で)

とにかく待ちたくない!という方はフードコートのほうが回転は速いのでお勧めです。

フードコートなら窓側(正面入り口から右手奥)の奥のほうやカウンターは混雑時間帯でも意外に空いていたりするので併せてチェックしてみてください。

駐車場料金、混雑 お得になる方法は?

エキスポシティ駐車場図

ららぽーとエキスポシティより引用

  • A駐車場屋上…エキスポ1階
  • B駐車場1階…1階
  • B駐車場3階…2階
  • C駐車場1階…1階
  • C駐車場3階…2階

と接続しています。

通路は屋根がついているのでよっぽどでなければ雨に濡れることはないと思います。

エキスポシティ駐車場基本情報

  • 駐車台数…4,000台以上
  • 営業時間…24時間営業
  • 制限…高さ2.3m以上

料金…30分ごとに200円

お次は駐車料金について

駐車料金

全エリア基本駐車料金…30分ごとに200円

最大無料時間

  • 平日、土曜…7時間
  • 日曜、祝日…5時間

となります。

駐車場を無料で停める方法!お得な情報!

エキスポシティでは飲食、購入などの金額別に無料時間があります。

平日、土曜日

  • 購入無し…2時間無料
  • 2,000円以上…3時間無料
  • 5,000円以上…4時間無料
  • 10,000円以上…5時間無料

となります。

日曜、祝日は

  • 購入無し…無料時間なし
  • 2,000円以上…1時間
  • 5,000円以上…2時間
  • 10,000円以上…3時間

となります。

上記プラス、109シネマズなどを利用した場合、追加で下記無料時間が加算されます。

  • 109シネマズ…3時間
  • ニフレル…2時間
  • VSパーク…2時間
  • 観覧車…購入金額に加算

ポイントカードでさらにお得に! 日曜、祝日に無料で停めるには?

上記とは別で、ららぽーと系のポイントカード「三井ショッピングパークポイントカード」をお持ちの場合、曜日にかかわらず1時間無料になります。(最大時間は同じ)

※「三井ショッピングパークポイントカード」とは、無料で使えるクレジット、キャッシング機能などのない純粋なポイントカードです。

イメージとしてはポンタカードやTカード、スーパーのポイントカードと同じです。

カードは各ららぽーと、ららぽーと内サービスカウンター、各店舗で配布中。

このカードはエキスポ以外の三井系モールでも使用可能で、同様に無料時間設定があります。

たまったポイントは店舗で購入時、1P=1円として使用可能です。

かさばる訳でも、クレジット機能などもないのでららぽーとによく出かける方はぜひもらってください。

ちなみにこのカード、案外便利な使い方がございまして、

会計時にポイントカードを出すと、駐車券同様カード内に当日の購入金額が加算されます。

なので会計や、施設利用時にカードと駐車券の両方を出す必要がないので、

あまり買い物をしない方が駐車券を。

メインで会計をする方がポイントカードを。

それぞれ持っておくことでレジ前で「お父さん!駐車券貸して!」とかいうグダグダがなくなるわけです。(ポイントを付けたい場合は必ずポイントカードで提示)

そしてお帰りの際に事前精算機で精算する際に駐車券に続いてポイントカードを入れると購入金額、施設利用状況が合算されるため生産もスムーズです。

駐車場の混雑具合、おすすめの場所は?

エキスポシティでは曜日、シーズンによってかなり混雑することがあります。

平日はどの時間帯も店舗入り口通路付近が混雑するぐらいですぐに駐車することができます。

問題は土日祝日で、ひどい日には11時頃でも駐車待ちが発生します。(外周道路にずらーっと)

土曜日はまだ比較的日曜と比べるとすいていて、お昼でも8割ぐらい。それ以外では満車になることはめったにないといった感じ。

日曜日祝日は、朝10時頃までなら難なく止めることができます。イメージとしては、地下駐車場、立駐1階(特に店舗連絡通路付近)が混雑していて、2階が3割、3階以上はガラガラといった感じの時が多いです。

早いと10時半、遅くても11時を過ぎてくると近いところから順に埋まっていき、各駐車場70%~80%ほどの混雑具合。

それ以降となると外周道路でのながーい入庫待ちや、入れてもスペースを探してぐるぐる…なんて状況になります。

なので日曜祝日は10時頃、遅くても11時までには駐車場に入れるようにしておくと安心です。

万博公園内でイベントや、行楽シーズン、スタジアムでのサッカーなどが重なるとさらに混雑しますので、ぜひ早めの行動を!

個人的におすすめの場所としては、B,C立駐の3階です。

この場所は店舗2階との通路があるので混雑する1階、2階を避けてまっすぐ3階に向かい、空いている緑ランプを探し空いていたら近い遠い関係なくすぐに停めることをお勧めします。

やはり人間近いところに停めたいものですが、空いている場所を1度スルーして、近いところを探しているうちにせっかく空いていたところまで埋まってしまうなんてこともよくあるので…

歩く時間にして1分とかの違いですからね。

ちなみにリアルタイムの混雑状況はこちらから確認できますよ。


以上エキスポシティのまとめでした!

様々な人がそれぞれ楽しめること間違いなし!

この週末にエキスポシティにぜひ遊びに行ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました